コンテンツにスキップする

英上院、離脱協定修正可能にする問題部分の削除を可決-国内市場法案

  • 協定の一部を一方的に修正する権限を英政府に与える問題部分を削除
  • 下院に法案が再び送られれば修正は元に戻される見通し

英上院は9日遅く、下院が可決した「国内市場法案」について、欧州連合(EU)離脱協定の一部を一方的に修正する権限を英政府に与える問題部分の削除を賛成多数で可決した。

  国内市場法案は、EUと通商合意が成立しないまま離脱移行期間が終了する場合、英本土から英領北アイルランドに入る物品が関税の対象かどうか一方的に決める権限を英国の政務担当者に与える内容を含む。

  離脱協定の一部としてジョンソン首相がEUと合意した北アイルランドに関するプロトコル(手続き)の不履行につながる危険があり、国際法に違反すると内外から批判された。英政府が9月末の期限までに問題部分を撤回しなかったため、欧州委員会はEU司法裁判所への提訴につながる法的措置に着手した。

  上院での修正可決後、英首相官邸は直ちに声明を発表し、問題の条項が「英国内市場の統合性を守る法的セーフティーネット」だと指摘。下院に法案が再び送られれば修正を元に戻す運びだ。議員が非公選の上院は、法案の成立を遅らせることはできるが、阻止することはできない。

 

原題:Johnson Presses on With Brexit Law-Break Plan After Lords Defeat(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE