コンテンツにスキップする

NY市、コロナ感染の第2波に「危険なほど近づきつつある」-市長

米ニューヨーク市は新型コロナウイルス感染の第2波に「危険なほど近づきつつある」と、デブラシオ市長が述べた。

Mayor De Blasio Visits Industrial Firms Making Protective Equipment For City's Health Care Workers

デブラシオ市長

写真家:Demetrius Freeman / Bloomberg

  NY市では感染例の増加が続いており、検査での陽性率は2%超でさらに上昇中だ。デブラシオ市長は、感染抑制のため「可能な限りあらゆる手段を講じる必要がある」と強調した。

  市長は屋内で大人数で集まることを避け、検査を受け、マスクを着用し、州が定めた渡航に関する自主隔離規定を順守するよう呼び掛けた。ただ追加の規制措置までは踏み込まず、今は規制強化を回避する「最後の機会」だと述べた。

  報告された1日当たり感染者数の7日平均は779人と、数カ月ぶり高水準。市民の陽性率は7日に2.36%。7日平均は2.21%となっている。

原題:NYC Coming ‘Dangerously Close’ to a Second Wave, De Blasio Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE