コンテンツにスキップする
Photographer: Luke Sharrett/Bloomberg
cojp

ビヨンド・ミート、代替肉の開発でマクドナルドと協業したと発表

更新日時
Signage stands outside a McDonald's Corp. fast food restaurant in Bowling Green, Kentucky, U.S.
Photographer: Luke Sharrett/Bloomberg

ビヨンド・ミートは9日、マクドナルドが市場に投入する植物由来のパティを同社と協業して開発したと明らかにした。

  ビヨンド・ミートの発表によれば、マクドナルドの代替肉シリーズ「マックプラント」の一環として植物由来のパティを同社と共同で開発した。ビヨンド・ミートは協業が現在も継続中なのかどうかについては明らかにせず、協業に関する金銭面での詳細についても触れなかった。マクドナルドはビヨンド・ミートの発表について確認を控え、サプライヤーについてコメントを避けた。

  マクドナルドはこの日先に、新たな代替肉シリーズについて「マクドナルドによりマクドナルドのためだけに作られる」と説明。この説明について市場は、ビヨンド・ミートやインポッシブル・フーズといった代替肉の主要サプライヤーとは協業していないと解釈。ビヨンド・ミート株は午前中に大きく下落した。協業に関する同社の発表を受けて株価は一時上昇に転じたが、その後再び下げ、終値では4%超の下落となった。

原題:Beyond Says It Collaborated With McDonald’s on McPlant Patties(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE