コンテンツにスキップする

【新型コロナ】パンデミックとの闘いで前進か、ワクチン試験で好結果

更新日時
  • ファイザーとビオンテックのワクチン、90%超の有効性との暫定結果
  • 米国の新規感染者数は過去最多、5日連続で10万人を超える
People wearing protective masks wait in line for Covid-19 testing at a CityMD in New York, U.S., on Monday, Nov. 9, 2020. 

People wearing protective masks wait in line for Covid-19 testing at a CityMD in New York, U.S., on Monday, Nov. 9, 2020. 

Photographer: Michael Nagle/Bloomberg
People wearing protective masks wait in line for Covid-19 testing at a CityMD in New York, U.S., on Monday, Nov. 9, 2020. 
Photographer: Michael Nagle/Bloomberg

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら。

ファイザーとドイツのビオンテックが開発中の新型コロナウイルス感染症(COVID19)ワクチンは90%を超える有効性を示した。両社が9日、最終段階の臨床試験の暫定結果を発表した。これについて米国立アレルギー感染症研究所(NIAID)のアンソニー・ファウチ所長はコロナとの闘いに「大きな影響」を及ぼすだろうと指摘。有効性の数値は「実に並外れている」と評価した。

ファウチ氏、ファイザーのワクチン候補を「並外れた」有効性と評価

  米食品医薬品局(FDA)は軽度から中等度のコロナの成人および小児患者向けに、米イーライリリーの抗体医薬バムラニビマブの緊急使用を認めた。抗体医薬についてはワクチン実用化までの橋渡しになるとファウチ所長も言及していた。

イーライリリーのコロナ抗体薬、米FDAが緊急使用許可

  米国の9日の新規感染者数は14万2000人余りと過去最多となり、5日連続で10万人を超えた。累計では1000万人を突破した。今週中には入院者数も最多を更新する恐れがあり、人口の多い中西部の州やメキシコとの国境沿いで急増している。

  米ジョンズ・ホプキンス大学のデータによると、世界の感染者数は5080万人を超え、死者数は126万人を上回った。

  ブラジルの国家衛生監督庁(ANVISA)は9日遅く、中国のCOVID19ワクチン「コロナバック」の臨床試験を中断するよう指示したことを明らかにした。「重篤な有害事象」を理由に挙げた。

ブラジル保健当局、中国「コロナバック」ワクチンの治験停止

  米連邦準備制度理事会(FRB)は、新型コロナのパンデミック(世界的大流行)による経済的影響が今後数カ月で悪化した場合、主要市場の資産価格がさらに打撃を受ける可能性があると警告した。

FRB、資産価格に大幅下落のリスク-新型コロナ拡大続けば

Average of daily U.S. cases has topped 100,000

  カリフォルニア州のニューソム知事は9日、一部の地域では経済活動再開の規模を縮小する必要があると表明した。コロナ感染再拡大が理由。同州では1日当たりの新規感染が8日と9日に7000人を超え、夏以来の水準に達した。

US-HEALTH-VIRUS-TESTING

カリフォルニア州では1日当たりの新規感染が8日と9日に7000人を超えた

  ユタ州のハーバート知事は9日、医療機関の負担があまりにも重くなり、州外からの入院を断る事態となっていると説明。州内の病院は「誰も受け入れられない状態の寸前にある」とした。

  ワイオミング州では9日、コロナ入院者数が過去最多の172人に増加。ワイオミング・メディカル・センターにある集中治療室(ICU)の病床19床のうち17床が使われている。キャスパー・スタートリビューン紙が伝えた。

  モンタナ州では9日、新たに470人が入院。3月以降の累計の約3分の1を占める。公式データが示した。ビリングズ・ガゼット紙によれば、同州でもICUが患者で埋まりつつある。

  ニュージャージー州ではわずか72時間で7000件余りの新規感染が報告されたことを受け、マーフィー知事が9日、午後10時以降のレストラン営業を禁じるなど新たな制限措置を発表した。12日から実施される。

  ニューヨーク州のクオモ知事は9日、コロナ封じ込めのため新たな感染ホットスポットに対策の照準を定める方針を示した。知事によると、8日時点のホットスポットを含む州全体の検査陽性率は2.8%。

  バイデン次期米大統領は9日、13人から成るコロナ対策タスクフォースを発表。同タスクフォースとの会合後、「このパンデミック(世界的大流行)と闘うには大胆な行動が必要だ。米国には依然、非常に暗い冬がやってくる」と述べた。

バイデン次期大統領、米国の「暗い冬」を警告-新型コロナ感染拡大で

原題:U.S. Posts Record Cases; Vaccine Study Spurs Hope: Virus Update(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE