コンテンツにスキップする

EU、米製品40億ドル相当への関税発動を承認-航空機補助で報復

欧州連合(EU)の貿易担当相は、40億ドル(約4200億円)相当の米国製品を対象とした関税の発動を承認した。航空機メーカーのボーイングに米政府が不当な補助金を支出していることに対する報復で、エアバスへのEU補助金を不当として米国が導入済みの関税を取り下げさせる狙いがある。

  貿易担当相の承認で、EUの行政執行機関である欧州委員会が関税を発動する道が開けた。EUが10月に明らかにした計画によると、航空機関連製品のほか酒類やナッツ、ハンドバッグ、化学製品などが対象となる見込み。

  報復関税の計画は、バーチャル形式で開催されたEU貿易担当相会議を受けてドムブロフスキス委員(通商担当)が発表した。決定は9日夕方の官報に掲載され、10日に発効する。

原題:
EU Gives Green Light to Trigger $4 Billion Tariff Strike on U.S.(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE