コンテンツにスキップする

OPECプラス、来年1月の減産縮小を延期する可能性も-サウジ示唆

石油輸出国機構(OPEC)と非加盟の主要産油国で構成する「OPECプラス」が減産合意を調整する可能性について、OPECの石油担当相が公然と語った。OPECプラスが来年1月に計画する減産規模縮小を考え直していることがあらためて示唆された。

  OPECの中心メンバーであるサウジアラビアとアラブ首長国連邦(UAE)は、11月30日から予定されている会合前に生産方針を変更することについて一切約束しなかったが、市場の変化に積極的に対応する意向をあらためて示した。新型コロナウイルス感染再拡大に伴うロックダウン(都市封鎖)の影響で、ここ1カ月間の原油価格は下落しており、需要の回復が逆戻りする恐れがある。

  サウジのアブドルアジズ・エネルギー相は9日、アブダビ国際石油展示会議(ADIPEC)のバーチャル会合で「コンセンサスをもって、今後の状況次第で減産合意を進め、調整することは可能だ」と述べた。

原題:OPEC+ Ministers Talk About Tweaking Oil-Output Cuts If Needed(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE