コンテンツにスキップする

RCEP交渉完了、15日にも調印の可能性-ベトナム外務次官

  • 13日から始まるASEAN首脳関連会議を前に記者会見で発言
  • 調印は交渉参加国の「内部手続き」が完了するかどうか次第だと説明

日中韓や東南アジア諸国連合(ASEAN)加盟国などによる東アジア地域包括的経済連携(RCEP)交渉が完了し、15日にも協定が調印される可能性がある。今年のASEAN議長国を務めるベトナムのズン外務次官が明らかにした。

  同次官は今週始まるASEAN関連首脳会議を前に記者会見を開き、調印は交渉参加国の「内部手続き」が完了するかどうか次第だと説明した。

  RCEP交渉はASEAN加盟10カ国のほか、日本とオーストラリア、韓国、中国、ニュージーランドによって進められていた。交渉に当初加わっていたインドは離脱を表明した。

  ASEAN首脳関連会議は15日までバーチャル形式で開かれる。

原題:RCEP Negotiations Completed; Signing Could Be Nov. 15: Dzung(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE