コンテンツにスキップする

バイデン氏、コロナ対策タスクフォース指名へ-公約実現への第一歩

  • 次期政権の「科学を根底」とした「行動計画」まとめる
  • マーシー前公衆衛生局長官やケスラー元FDA長官が主導へ

米大統領選で勝利を確実にした民主党のバイデン前副大統領は7日、新型コロナウイルス対策のため12人から成るタスクフォースを9日に指名すると表明した。米国で数百万人が感染し、経済に打撃を与えたコロナ禍への効果的な対策という主要な公約の一つを実行する第一歩となる。

  バイデン氏はデラウェア州ウィルミントンでの勝利宣言演説で、「このパンデミック(世界的大流行)を終息に向かわせるためにいかなる努力もコミットメントも惜しまない」と述べ、タスクフォースが次期政権のコロナ対策を「科学を根底」とした「行動計画」にまとめると説明した。

勝利を確実にしたバイデン前副大統領の演説

(出典:ブルームバーグ)

  バイデン陣営の選対副本部長でコミュニケーションズ担当ディレクターのケイト・ベディングフィールド氏は8日、NBC番組「ミート・ザ・プレス」で、タスクフォースは米公衆衛生局のビベック・マーシー前長官と米食品医薬品局(FDA)元長官のデービッド・ケスラー氏が率いると説明。両氏ともコロナ問題についてこの数カ月間バイデン氏に助言していた。

  バイデン氏の計画に詳しい関係者1人によれば、次期政権のコロナ対策計画を主導する専門家にはエール大学のマルセラ・ヌニェス・スミス教授(公衆衛生学)が含まれ、オバマ前政権で保健アドバイザーを務めたエゼキエル・エマニュエル氏も参加する。

  タスクフォースの両トップは9日、メンバー発表後にバイデン氏への報告を行う予定。

バイデン氏、経済チームにオバマ前政権時代のベテラン起用の方向

原題:
Biden Announces 12-Member Task Force for Coronavirus Response(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE