コンテンツにスキップする

菅首相、電話会談など「タイミング見て調整」-バイデン氏に祝意

更新日時
  • インド太平洋地域の平和と繁栄確保へ、米国とともに取り組む-首相
  • 日本政府としてはバイデン氏が勝利したと認識-加藤官房長官

菅義偉首相は9日、米大統領選で当選確実となった民主党のバイデン前副大統領との電話会談や訪米時期について「現時点においては何も決まっていないが、タイミングを見て調整していきたい」と実施に意欲をみせた。首相官邸で記者団に語った。

  菅首相は、バイデン氏とハリス次期副大統領候補に「心よりお祝いを申し上げたい」と祝意を表明。日米同盟をさらに強固にし、インド太平洋地域の平和と繁栄を確保していくために、「米国とともに取り組んで行きたい」と語った。

Japan's New Prime Minister Yoshihide Suga News Conference

菅義偉首相

Photographer: Carl Court/Getty Images/Bloomberg

  加藤勝信官房長官は同日の記者会見で、バイデン氏について「オバマ前政権時代に、副大統領として力強い指導力を発揮し、日米同盟強化に多大なる貢献をなされてきた」と評価。米国が日米同盟を重視する姿勢は変わらないとの認識を示した上で、新政権とも緊密に連携したいと語った。

  一方、トランプ大統領が法廷闘争の構えを示し、敗北を認めていないことについて加藤氏は、バイデン氏が当選確実という情報に加え、勝利宣言も行われていることから「日本政府としてはバイデン氏が勝利したと認識している」と述べた。

(加藤官房長官のコメントを追加して更新しました)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE