コンテンツにスキップする

バイデン氏、閣僚指名は数週間先か-政権移行作業には着手

  • ほぼ全ての閣僚指名は12月の見込み-オバマ前大統領の時と同様に
  • バイデン氏はホワイトハウスのスタッフ起用には速やかに着手する

米大統領選で勝利宣言した民主党ジョー・バイデン氏は新政権立ち上げに向け移行作業を開始しているが、閣僚の指名はなお数週間先になると、政権移行チームが8日明らかにした。

  7日夜の演説で勝利宣言したバイデン氏は政権移行に集中的に取り組み始めたばかりで、閣僚選びにまだ本格的に着手していないと、立案に詳しい複数の関係者が語った。

  バイデン氏の政権移行は2008年のバラク・オバマ氏当選時と同じような過程をたどる可能性が高い。当時はほぼ全ての閣僚が12月に指名された。ただ1つの例外は、金融危機のさなかにあってティム・ガイトナー氏が11月24日に財務長官に指名されたことだった。

  現在の公衆衛生と経済を巡る危機を踏まえ、政権移行チームは新型コロナウイルスの感染拡大への対応をまとめるシニアレベルの責任者を決めることを最優先にしている。

  ただバイデン氏は、ホワイトハウスのスタッフ起用には速やかに着手する。バイデン氏の副大統領就任後に同氏の上院議席を引き継ぎ、現在は政権移行チームの共同責任者を務めるテッド・カウフマン氏(81)が大統領顧問などの役職に就く見込みだと、関係者2人は語った。

  政権移行チームはカウフマン氏の今後の役職についてコメントしなかった。同氏に8日、コメントを求めたが、回答は得られなかった。

原題:
Biden Begins Transition But Cabinet Picks Are Weeks Away(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE