コンテンツにスキップする

バンコク緊迫、王宮に接近するデモ隊に警察が放水-3人負傷

  • デモ隊側はワチラロンコン国王に直接訴えようと計画
  • 王室改革や憲法改正、プラユット政権の退陣など求めるデモ続く

反政府デモが続くタイのバンコクで8日、王宮に近づこうとするデモ隊を鎮圧するため警察が放水。デモ隊はワチラロンコン国王に王室改革を求める嘆願書を手渡そうとしていた。

  バンコクの救急医療サービスによると、デモ参加者2人と警察官1人の計3人が負傷。放水砲が使われた際、数万人規模のデモ隊は王宮から半径150メートル以内に迫っていたという。

  反政府側が書簡を通じて国王に直接訴えようとしたのは今回が初めて。バンコクでは王室改革や憲法改正、プラユット政権の退陣などを求める抗議活動が約4カ月にわたり続いている。

THAILAND-POLITICS

バンコクの反政府デモ(8日)

写真家:ジャックテイラー/ AFP /ゲッティイメージズ

関連ニュース:
タイのデモ隊、ドイツ大使館への行進計画-独滞在中の国王の地位問う
タイのバンコクで大規模デモ、プラユット政権の退陣など求める
王制批判デモ広がるタイ、政府は収拾に四苦八苦-厳しい弾圧の恐れも

  タイの議会は緊張緩和に向け調停委員会の設立を計画しているが、デモ隊側はこれを拒否し、プラユット首相の即時辞任を要求。同首相は辞任しないとしている。

原題:Thai Riot Police Use Water Cannons on Protesters Near Palace (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE