, コンテンツにスキップする

バイデン氏、政権移行へ作業開始-敗北認めぬトランプ氏は徹底抗戦か

更新日時
  • トランプ氏「選挙は終わっていない」と長期の法廷闘争を示唆
  • バイデン氏は次期大統領としての最初の取り組みをコロナ対策に集中

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら。

米大統領選で勝利宣言した民主党バイデン氏は、政権移行に向けた作業を開始し、新型コロナウイルス感染拡大を抑える計画を準備するなど、次期大統領としての動きを進めている。

  一方、トランプ大統領は法廷闘争の構えを示しており、これまでのところ負けを認めていない。このためバイデン前副大統領への権力移行の開始が遅れる可能性が出てきた。

Joe Biden Delivers Remarks After Winning U.S. Presidency

バイデン氏(11月7日)

Photographer: Sarah Silbiger/Bloomberg

  バイデン氏は9日に新型コロナ対策タスクフォースを発表する方針。次期政権の中心的政策で最初の一歩を踏み出すことになる。また、新たな経済対策を協議するため、共和、民主両党の議員に働き掛けるとみられる。バイデン氏に近いクーンズ上院議員(民主)は8日のABCの番組で、来年1月20日の就任式前の対策実現を支援するようトランプ氏に求めた。

  これに対しトランプ氏は、根拠を示さないまま選挙での広範な不正を訴え、自身の勝利を主張。ホワイトハウスのスタッフは選挙日以来の数日間、リーダーシップの不在に直面している。

  大統領選投票日から就任式までの78日間の移行期間は、激戦州での集計が続く中で既に数日が経過した。2000年の米大統領選では、12月12日の連邦最高裁判断を受け共和党候補のジョージ・W・ブッシュ氏と民主党候補のアル・ゴア氏の勝敗が決着。この時、ブッシュ氏は37日間で政権移行の準備を整えなければならなかった。

  00年のケースと比べれば、まだ移行期間は多く残されているものの、トランプ氏はより長期の法廷闘争の可能性を示唆している。主要メディアが7日、バイデン氏当選を伝えた後、トランプ氏は声明で、「この選挙が全く終わっていないというのが単純な事実だ」とし、「米国民が誠実な集計を得るまでは私は休まないつもりだ。米国民にとって当然のことであり、民主党もそれを求めている」と主張した。

  それでもバイデン氏は各作業を進めており、平和的かつ円滑な政権移行が行われる計画だと国民や同盟諸国に示している。同氏は新型コロナのパンデミック(世界的大流行)抑制、経済立て直し、気候変動との闘い、構造的人種差別の根絶、医療サービスへのアクセス拡大、政界での超党派精神復活を自身の使命として掲げる。ただ共和党側はまだバイデン氏の勝利を認めていない。

  バイデン氏は7日に勝利宣言、国民向け演説で「分断ではなく団結を目指す大統領になると約束する」と語った。

バイデン氏当選の他の関連記事
President Donald Trump departs the White House

ホワイトハウスから外出するトランプ米大統領。11月7日

Joe Biden Delivers Remarks On 2020 Presidential Election

7日夜に演説したバイデン氏

Photographer: Robert Deutsch/USA Today/Bloomberg

  大統領選に関する動きは時系列で以下の通り。

政権移行チーム「次期正副大統領認定を」

  秩序ある政権移行について定めた1963年の連邦法によれば、一般調達局(GSA)の局長には大統領選の勝者を正式に認定する権限があり、これにより、政権移行チームは連邦政府の施設に出入りしてオフィスにアクセスしたり、資金の活用開始や資料研究ができるようになる。トランプ氏が指名したエミリー・マーフィー局長はまだ、バイデン氏勝利を認めていない。

  GSAのパメラ・ペニントン報道官は7日、「GSAとその局長は引き続き法律に基づいて全ての要件に従い、それを満たす方針だ」としたが、8日午後になっても状況に変化はない。

  バイデン次期大統領とハリス次期副大統領の政権移行チームは電子メールで配布した声明で、バイデン氏の当選が確実となったことから、GSA局長が早急に両氏を次期正副大統領に認定するよう期待を表明。「米政府が国民の意思を尊重し、円滑で平和的な政権移行に従事すると、連邦政府として明確かつ速やかに明示することに、米国の国家安全保障と経済的利益はかかっている」と指摘した。

米株価先物が上昇-バイデン氏勝利宣言後の初取引

  米株価指数先物は8日夜のニューヨーク市場の取引で上昇。米国株が先週値上がりした流れを引き継いだ。大統領選で勝利宣言したバイデン氏がより安定した経済のかじ取りを行うとの見方が強まった。S&P500種株価指数先物はニューヨーク時間8日午後6時33分(日本時間9日午前8時33分)時点で0.9%高。

バイデン氏、コロナ対策に注力

  バイデン氏は次期大統領としての最初の取り組みを新型コロナ対策にほぼ集中させている。7日の勝利演説でも「私たちの仕事は新型コロナを制御することから始まる」と強調。議会に協力を呼び掛け、「協力しないと決められるのであれば、協力すると決めることもできる。これは国民が私たちに与えた使命の一部だと確信している」と述べた。

  バイデン陣営のシモーヌ・サンダース氏によると、政権移行チームは警察改革や気候変動対策などの課題で迅速に動くための計画作成に注力する意向。バイデン氏も次期政権メンバーの指名を急ぐとみられるが、閣僚候補の発表には時間がかかる可能性がある。

ブッシュ元大統領が祝意

  ジョージ・W・ブッシュ元大統領(共和)はバイデン氏とハリス氏に祝意を伝え、両氏の下での結束を米国民に呼び掛けた。

  ブッシュ氏は8日、「政治的な相違はあるが、私はジョー・バイデン氏が素晴らしい人物であることを知っている。彼はわが国をまとめ、この国を率いる機会を勝ち取った」との声明を発表した。

  また、票の再集計や法的な申し立てに関するトランプ氏の権利を認めるとした上で、選挙は「基本的に公正だった」との認識を示した。

メラニア夫人、敗北認めるよう促す

  トランプ大統領の妻、メラニア氏は大統領選でバイデン氏に敗れたことを認めるようトランプ氏に促している。CNNが情報源を明らかにせずに報じた。

  CNNによると、トランプ氏は娘婿のクシュナー大統領上級顧問からも同様の助言を受けている。

バイデン氏、12人から成る新型コロナ対策タスクフォース指名へ

  バイデン氏は新型コロナ対策のため12人から成るタスクフォースを9日に指名すると表明した。効果的な感染抑制対策という主要な公約の一つを実行する第一歩となる。

  同氏は7日の演説で、「このパンデミック(世界的大流行)を終息に向かわせるためにいかなる努力もコミットメントも惜しまない」と述べた。タスクフォースは自身の新型コロナ対策を「科学を根底」とした「行動計画」にまとめると説明した。

原題:Biden Launches Transition, Covid Plan as Trump Eyes Court Fight(抜粋)

Trump-to-Biden Handoff Stalls as President Rejects Outcome (2)(抜粋)

S&P 500 Futures Jump in First Trading Since Biden Captured Vote(抜粋)

(次期正副大統領認定を求める政権移行チームの声明などを追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE