コンテンツにスキップする

英外相、バイデン氏との関係悪化回避は可能-北アイルランド巡り

ラーブ英外相は北アイルランドに関連した欧州連合(EU)離脱問題を英国は解決できるとの「自信」を示し、EUからの離脱がバイデン次期米大統領との関係を損なうとの懸念を重要視しない考えを明らかにした。

  ラーブ外相は8日、ジョンソン政権がバイデン次期政権チームに、英国にはアイルランドの和平プロセスと1998年のベルファスト合意(聖金曜日合意)を「危うくする意思がない」ことを確約したと発言。北アイルランドとアイルランドの間の国境にいかなるインフラも設置しないことを表明したとも述べた。

  今週、EUと通商合意に至ることを期待していると話したが、漁業権や規制を巡って大きな意見の相違が残っていることもあらためて認めた。

  ラーブ外相はBBCに対し、EUと通商問題で合意するにせよしないにせよ、EU離脱の移行期間はバイデン氏が来年1月に就任する前に終わっていると指摘。「新政権は新型コロナウイルス感染症やテロ対策、北大西洋条約機構(NATO)再結束、そしてもちろん気候変動に関する多角的な協力の機会を探っている」と述べた。

  バイデン氏は9月、アイルランドとの国境にハードボーダー(物理的壁)を設ける状況に戻るのを防ぐことが、米英の将来的な通商協定の条件になるだろうとくぎを刺していた。

原題:Raab Confident U.K. Can Solve Brexit to Biden’s Satisfaction (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE