コンテンツにスキップする

バイデン氏が勝利宣言、分断解消を呼び掛け-秩序ある移行を約束

更新日時
  • 新型コロナ対策策定のため科学者と専門家のチームを9日に指名
  • 「私は最初の女性副大統領かもしれないが最後ではない」-ハリス氏

ジョー・バイデン前米副大統領は7日、2020年の大統領選挙での勝利を宣言し、激しい選挙戦の後の和解を米国民に呼び掛けた。トランプ大統領は敗北を認めるのを拒否しているが、バイデン氏は秩序ある政権移行を約束した。

  デラウェア州ウィルミントンで支持者を前にした演説でバイデン氏(77)は、「米国民が意思を示した。われわれに明確な勝利をもたらした」と宣言した。「私に与えられた信頼を謙虚に受け止め、分断ではなく団結を目指す大統領になると約束する」と語った。「共和党でも民主党でもなく、米国の大統領になる」と言明した。

  新型コロナウイルス感染予防のためドライブイン形式で行われた演説会で、バイデン氏はマスクを付けた支持者らから大歓声で迎えられた。

Joe Biden Delivers Remarks After Winning U.S. Presidency

マスクを着用したバイデン氏(中央右)、ハリス氏(同左)と家族ら(7日)

Photographer: Sarah Silbiger/Bloomberg

  バイデン氏はトランプ政権下のこの4年の混乱を指摘しながらも、トランプ氏の支持者にも手を差し伸べた。

  トランプ支持者らの失望は理解するとした上で、「しかし今は、お互いにチャンスを与えよう。激しい論調を捨て、穏やかになるべき時だ」と語り掛けた。「前進するために、相手方を敵として扱うことをやめなければならない。われわれは敵同士ではなく、同じ米国民だ」と強調した。

  バイデン氏は新型コロナ対策を策定するための科学者と専門家のチームを9日に指名するとし、政治ではなく科学に基づいた対策のため専門家らができる限り速やかに作業を開始すると述べた。

  「計画は科学を根底とし、思いやりと共感、心遣いをもって策定される」と語った。

  副大統領への選出を確実にしたカマラ・ハリス氏(56)はバイデン氏に先立って演説し、「われわれの民主主義を守るのは容易ではない。犠牲が出るだろうが、そこには喜びがある。われわれ国民にはより良い未来を築く力がある」と話した。

  「私は最初の女性副大統領かもしれないが、最後ではない」とも述べた。

原題:Biden Declares Victory, Calls on Americans to Mend Divisions (1)Biden Declares Victory, Calls on Americans to Mend Divisions(抜粋)

(発言を追加します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE