コンテンツにスキップする

アップルとソニー、ワンダリー買収巡りそれぞれ協議-関係者

  • ワンダリーは3億-4億ドルでの売却を目指している
  • ポッドキャスト業界では過去最大の買収となる可能性

アップルソニー・ミュージックエンタテインメントは、ポッドキャストのワンダリー買収の可能性についてそれぞれ協議した。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。実現すれば、成長著しいポッドキャスト業界で過去最大の買収となる。

  ワンダリーは3億-4億ドル(約310億-413億円)での売却を目指しているという。交渉が進行中であることを理由に関係者が匿名を条件に語った。

  関係者の1人によると、アップルとソニーなど、少なくとも4社がワンダリー買収を巡る協議を行った。一方、ポッドキャスト企業の買収に過去2年間で最も積極的だったスポティファイ・テクノロジーは買収競争から撤退したと協議の事情に詳しい関係者2人が明らかにした。数カ月以内の合意が予想されるが、話し合いが不調に終わることもあり得るという。

  調査会社ポッドトラックによれば、ワンダリーの月間ユーザー数は800万人余りと、独立系としてはポッドキャスト業界で指折りの存在感を示す。買収額が4億ドルになれば、スポティファイがリンガーやギムレット・メディア買収で支払った額を上回る。

原題:Apple, Sony Music Said to Hold Talks About Buying Wondery (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE