コンテンツにスキップする

WTO、次期事務局長の選出に向けた来週の会合を延期

世界貿易機関(WTO)は9日に予定していた会合の開催を延期する。会合では加盟国・地域が、次期事務局長を選出するかどうかについて検討する見通しだった。6日に通知文書が配布された。

  この決定で、最有力候補である元ナイジェリア財務相のヌゴジ・オコンジョイウェアラ氏を事務局長に選出する機会は先送りされる。同氏が選出されれば、25年のWTO史上で初となるアフリカ出身者かつ女性の事務局長となる。

  ブルームバーグ・ニュースが入手した文書によれば、会合は別途通知があるまで延期となる。

  トランプ米政権は1週間前、対立候補である韓国の兪明希(ユ・ミョンヒ)通商交渉本部長を支持するとし、オコンジョイウェアラ氏の選出には同意しないと表明していた。兪氏は次期事務局長選からの撤退を表明しておらず、コメントを求める取材にも応じていない。

原題:WTO Postpones Meeting Next Week to Select Its New Leader(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE