コンテンツにスキップする

バイデン大統領誕生なら米国株にはマイナス、資金流出へ-モビアス氏

  • 増税で米国株投資のインセンティブが低下する-モビアス氏
  • 流出資金が向かう新興市場や世界の他の株式市場にはプラス

ベテラン投資家マーク・モビアス氏は、民主党候補のバイデン氏が勝利し大統領になった場合、米国株にはマイナスで、他の国・地域の株式にはプラスだろうとの見通しを示した。バイデン氏は企業や富裕層への増税を計画しているからだという。

  モビアス氏は6日、電子メールでのインタビューに答え、増税は人々が米国株に投資するインセンティブを低下させると指摘。「資金が米市場から流出することになるため、新興市場や世界の他の株式市場にとってプラスになる」と説明した。

World stocks are trading near levels that have acted as resistance in past

  「米国ではいわゆる資産効果というものが起こるだろう。株式市場に投資する人々が、自分たちの資産が増税の影響を被ると考えれば、投資を手控えるだろう」と語った。

  「バイデン氏の計画は『裕福な』、つまり年収20万ドル(約2060万円)以上の層を対象に増税するというものだが、これはまさに、株式市場で最も活発に活動する人々だ」と指摘した。

  バイデン氏は大統領選勝利に王手をかけている状態だが、トランプ陣営は選挙の信頼性に疑義を呈し法廷闘争を開始している。結果を巡りもめれば米国株相場見通しの「不透明が高まるだろう」ともモビアス氏は述べた。

  30年間在籍したフランクリン・テンプルトン・インベストメンツを離れたモビアス氏は2018年にモビアス・キャピタル・パートナーズを設立した。 

原題:
Mobius Says Biden Will Be Bad for U.S. Equities, Good for Others(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE