コンテンツにスキップする

銀行の人員削減が世界で7万5000人突破、昨年上回るペース-欧州中心

ブルームバーグの集計によると、世界の銀行が今年発表した人員削減数は7万5368人に達し、昨年の約8万人を超えるペースだが、その約80%が欧州の銀行だ。

  欧州銀は地元の成長見通しの弱さや超低金利の逆風に直面している。欧州銀の7-9月(第3四半期)は貸倒引当金が予想以下となり、自己資本比率も改善したものの、人員削減は続いている。

  最近ではスペインのサンタンデール銀行、英ロイズ・バンキング・グループ、オランダのINGグループが削減計画を発表した。

Shrinking Lenders

Bank job cuts announced in 2020 are on course to top last year's level

Source: Company filings, labor unions

Note: Data as of Nov. 5, 2020

  欧州では新型コロナウイルス感染再拡大とそれに伴う制限措置が経済を脅かしているが、銀行は配当復活を目指して規制当局に働き掛けている。

  サンタンデールのアナ・ボティン会長は人員削減発表の2日前に、配当復活を呼び掛けた。

Dwindling Workforce

European banks have steadily cut jobs since the 2008 financial crisis

Source: ECB via Bloomberg Intelligence

原題:Cuts From Santander to ING Take Banking Job Losses Above 75,000(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE