コンテンツにスキップする

米ペロトン、10-12月売上高に強気の見通し-サブスク需要拡大で

  • 10-12月の売上高10億ドルと予想-アナリスト予想9億3220万ドル
  • 7-9月の売上高と利益はアナリスト予想を上回った

フィットネス事業を展開する米ペロトン・インタラクティブは5日、全米各地で多くのジムの休業が続く中、同社のエクササイズ用バイクやランニングマシン、サブスクリプション(定額制)サービスの需要は継続しているとして、強気の売上高見通しを示した。

  同社は10-12月(第2四半期)の売上高が10億ドル(約1040億円)になるとの予想を示した。ブルームバーグがまとめたアナリスト予想平均は9億3220万ドル。通期の売上高予想は従来の最大36億5000万ドルから39億ドルに引き上げた。

  ペロトンは新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)による巣ごもり需要の恩恵を最も受けている企業の1つで、株価は今年に入って4倍以上に跳ね上がった。5日の通常取引の終値は前日比6.8%高の126.63ドル。

  この日の発表資料によると、7-9月(第1四半期)の売上高は7億5790万ドルと、前年比3倍余り増加。アナリスト予想は7億3450万ドルだった。一部項目を除いた1株利益は20セントと、アナリスト予想の13セントを上回った。

  これら数字は投資家の期待には届かなかったようで、時間外取引でペロトン株は一時5%余り下落した。

原題:
Peloton Projects Strong Sales on Growing Subscription Demand(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE