コンテンツにスキップする

Tモバイル、7-12月期の見通し引き上げ-時間外で株価上昇

  • 7-9月の利益と売上高、共に予想上回る-契約者数1億人突破
  • 7-12月利益見通し136億-137億ドル、従来は最大127億ドルと予想

米携帯電話事業者TモバイルUSが5日発表した7-9月(第3四半期)の利益と売上高は共に予想を上回り、同社は7-12月(下期)の見通しを引き上げた。

  • 7-12月期の一部項目を除いた利益見通しを136億-137億ドル(約1兆4100億-1兆4200億円)に引き上げ。従来は最大127億ドルを見込んでいた
  • 7-9月決算:
    • 売上高は192億7000万ドル(予想182億7000万ドル)
    • 調整後EBITDA(利払い・税金・減価償却・償却控除前利益)は71億3000万ドル(予想63億5000万ドル)
    • 契約者数は1億人の大台突破
  • 今年先に完了したスプリント合併で、予想より早期にコストを節減できたとTモバイル。今年のシナジー効果の見通しを12億ドル強と、従来の6億ドルから2倍に引き上げ

市場の反応

  • Tモバイルの株価は決算発表後の時間外取引で一時5.7%上昇。年初来では50%高

発表資料

予想詳細

原題:T-Mobile Rises After Beating Estimates and Boosting Forecast、T-Mobile Raises 2H Outlook; Shares up 5%: Snapshot(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE