コンテンツにスキップする

IMFと世銀、来年10月のモロッコでの年次総会を1年延期

国際通貨基金(IMF)と世界銀行は来年10月にモロッコで予定していた年次総会を1年延期し、2022年に開催する。新型コロナウイルス感染症(COVID19)のパンデミック(世界的大流行)が理由。IMFが5日、電子メールで発表した。

  IMFと世銀の年次総会は通常、本部があるワシントンで2年連続で行われ、3年目に他の加盟国で実施される。今年の年次総会は先月、バーチャル形式で行われた。

原題:IMF, World Bank Postpone Late-2021 Morocco Meetings by a Year(抜粋)

  

  

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE