コンテンツにスキップする

アリババ急落、増収率7-9月として過去最低-アントの衝撃に追い打ち

中国の電子商取引運営会社アリババ・グループ・ホールディングでは7-9月(第2四半期)、売上高の伸び率が同四半期として過去最低となった。新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)からの回復が頭打ちになり始めている状況が浮き彫りとなった。

  5日の同社発表によると、売上高は前年同期比30%増の1551億元(約2兆4300億円)。市場予想の平均(1548億元)とほぼ一致した。利益は同60%減の288億元。前年同期にはアント・グループ株取得に関連し一時利益を計上していた。

  今回の増収率は、アントの新規株式公開(IPO)延期を懸念する投資家を安心させるには不十分かもしれない。5日の米株式市場ではアリババの米国預託証券(ADR)が急落し、一時5%を超える下げとなった。

原題:Alibaba’s Sales Growth Plateaus Despite China’s Covid Recovery(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE