コンテンツにスキップする

英国、一時帰休労働者への賃金肩代わり支援を来年3月まで延長へ

スナク英財務相は、一時帰休労働者の賃金の80%を政府が肩代わりする雇用維持支援策を来年3月末まで延長すると発表した。新型コロナウイルスのまん延で深刻な打撃を受けている英経済に対し、確かさをもたらす狙いがある。

  この支援策は、新型コロナに伴う制限措置によって営業停止を余儀なくされた企業に対し、従業員の賃金を政府が代わって負担するもの。スナク氏は5日、イングランドの部分的なロックダウン(都市封鎖)が12月2日に終了した後まで継続すると議会で言明した。

  スナク氏はこれまで、一時帰休労働者への支援策は当初の予定通り10月31日に終了し、勤務を再開できる「実行可能な」仕事への支援に軸足を置く新たな措置に移行する方針を打ち出していた。支援策延長はこの主張から大きな方向転換となる。

原題:Sunak Extends 80% U.K. Furlough to End of March for All Regions

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE