コンテンツにスキップする

中国、今後5年間の経済成長目標を年5%程度に設定か-ロイター

中国は今後5年間の経済成長率の目標を年平均5%程度で定めることを検討している。ロイター通信が匿名の政策関係者の話として報じた。

  ロイターによれば、政府は現在も2025年までの経済・社会発展の目標を策定中で、まだ何も決定していない。

  中国共産党は先週、次期5カ年計画(2021-25年)の基本方針を明らかにし、経済成長の速さよりも質を目指す必要性を強調した。国家発展改革委員会(発改委)は25年までの経済の数値目標を提案する意向を示しているが、通常3月に開かれる全国人民代表大会(全人代、国会に相当)より前に公表される可能性は少ない。

  ブルームバーグが実施したエコノミスト調査によれば、中国の成長率は今年2.1%にとどまり、来年は8%への拡大が予想されている。習近平国家主席は今後15年間で経済規模を倍増させることが可能だと述べている。この発言に基づく年間経済成長率は約4.7%となる。

Growth Rebound

Source: Data compiled by Bloomberg, Reuters' report

原題:China Considering 5-Year Growth Target of About 5%, Reuters Says(抜粋)

  

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE