コンテンツにスキップする

【新興国市場】株と通貨、2018年以来の高値-バイデン政権誕生期待で

更新日時

5日の新興国市場の株式と通貨は上昇し、ここ2年余りでの高値を付けた。米大統領選挙で民主党候補バイデン前副大統領の勝利が近づいていることが好感された。

  新興国株の指標、MSCI新興市場指数は1月に付けた高値を上回ったほか、ブルームバーグが調査する新興国24通貨のうち23通貨が上昇。米国で民主党の大統領が誕生し、共和党が上院の過半数を確保する見通しを投資家が歓迎した。

  ロシア・ルーブルが通貨の上げを主導。ブラジル・レアルも上昇したほか、メキシコ・ペソは節目の水準を上抜け、3月以来の高値を付けた。新興国通貨のボラティリティーの指標は8月以来の低水準近くに低下した。

Gauge of EM equities rises to highest level since 2018

  バイデン氏が大統領に当選し共和党が上院の過半数を握れば、大規模な経済対策成立の可能性は低くなり、米金融当局が低金利の長期化を余儀なくされると投資家は予想。こうした見方を受け、ドルは下落。選挙の最終結果がまだ判明しない中で、米連邦公開市場委員会(FOMC)は4、5両日に開催した定例会合で、フェデラルファンド(FF)金利の誘導目標レンジを0-0.25%で据え置くことを決定。資産購入額も現状を維持した。

  デルテック・アセット・マネジメントのポートフォリオマネジャー、グレッグ・レスコ氏(ニューヨーク在勤)は「結果にかかわらず、選挙後の新興国市場の上昇を予想していたが、思っていたよりも若干大きな上げとなった」と指摘した。

バイデン氏、獲得選挙人過半数に迫る-トランプ陣営は法廷闘争拡大

  MSCI新興市場指数は2.7%上昇し、2018年5月以来の高値を付け、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)後の下げを全て埋めた。中国、アルゼンチン、インドネシア、南アフリカ共和国の株式相場上昇に押し上げられた。

原題:Emerging-Market Assets Rally to Highest Since 2018 on Biden Lead(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE