コンテンツにスキップする

CMC傘下のファンケル・アジア買収にカーライルなどが関心-関係者

  • 日本を除くアジアの事業、MBKや復星国際なども買収を検討
  • CMC、11月末にも初回入札への買収案提示を要請

スキンケアブランドのファンケルの日本を除くアジア事業に対し、カーライル・グループMBKパートナーズを含む複数の投資会社が買収に関心を示している。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

  同事業を売却するCMCホールディングスは11月末にも初回入札への買収案提示を求めているという。ヒルハウス・キャピタルと中国のコングロマリット、復星国際も買収を検討していると関係者は部外秘情報だとして匿名を条件に話した。

  CMCはブラックストーン・グループや中国の電子商取引大手JDドットコム伊藤忠商事など、買い手となる可能性のある他の企業にも接触しているという。  

原題:
CMC’s Fancl Asia Sale Is Said to Attract Carlyle, MBK Interest(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE