コンテンツにスキップする

富裕層投資家は資産防衛、米大統領選後の変化に備え金鉱株など注目

  • 金鉱株ETFや銀、ビットコインに富裕層は投資-タイガー21幹部
  • 民主党政権誕生で想定され得る税制改正に備え相続対策急ぐ

億万長者の投資家クラブであるタイガー21のメンバーは、今年の米大統領選挙の結果を待ちながら、変化に備えている。

  メンバーらは政治の先行き不透明感や新型コロナウイルス感染のパンデミック(世界的大流行)の不確実性で環境が一変する中で投資機会を模索するだけでなく、民主党政権誕生で想定され得る税制改正を見据え、慎重な相続計画で対応することに集中している。

  メンバーの現在の投資状況と資産防衛のための対応をフロリダ州マイアミとテネシー州ナッシュビルなどにあるタイガー21の各グループの会長らの話を基に以下にまとめた。

  マイアミのグループ会長で、不動産会社社長のアビ・ワイントラウブ氏によれば、「債券のリターン不足と不確実性の合間で多くの人々が金とビットコインにシフトしつつある」。メンバーは金の現物や上場投資信託(ETF)「SPDRゴールド・シェア」(ティッカー、GLD)ではなく、金鉱株とヴァンエック・ベクターズ・ゴールド・マイナーズETFなどを含むETFを購入しているという。

  同氏によると、8カ月前にビットコインを冷笑していたかもしれない人々が今は投資マネー殺到に関するニュースを見て金のようだと呼んでいるという。

  タイガー21のナッシュビルのグループの会長を務めるジェフ・ヘイズ氏によれば、金と銀のレシオに基づいて銀を購入しているメンバーもいる。金1オンス当たりの購入に必要な銀の量を示すこのレシオの上昇は、金が銀と比較して値上がりが大きいことを意味することから、銀の投資妙味が比較的高いと受け止められる。

  また、夫婦合算で2300万ドル(約24億円)の相続財産に課税が免除される制度は、バイデン氏が勝利した場合、2017年の状況に後戻りし、課税免除の基準が現在の半分になる可能性があるとメンバーの間では懸念されている。このためメンバーらは相続専門の弁護士と資産譲渡の書類を急ぎ準備し、バイデン氏勝利の場合には年内に速やかに動けるようにしている。

原題:
Wealthy Investors are Racing to Election-Proof Their Assets(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE