コンテンツにスキップする

麻生財務相、米大統領選「強い関心を持たざるを得ない」

麻生太郎財務相は4日の記者会見で、米大統領選には「強い関心を持たざるを得ない」と話した。

  麻生財務相は、当選者は「最も力のある国の大統領、元首になる」と指摘。日本には「防衛上も経済上も非常に影響がある」と話した。

  また結果判明が遅れることの市場への影響については「どういった形で出てくるのか、予想はつかない」との見方を示した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE