コンテンツにスキップする

【欧州市況】株が6月以来の大幅高、米選挙結果前-イタリア債上昇

3日の欧州株は上昇。約5カ月ぶりの大幅高だった。投資家は米大統領選挙の結果を見据えている。

  ストックス欧州600指数は2.3%高と、6月16日以来の大幅上昇となった。銀行や自動車などのシクリカル銘柄を中心に値上がりした。

  UBSグローバル・ウェルスマネジメントの最高投資責任者(CIO)、マーク・ヘーフェル氏はリポートで「米選挙結果への対応に備えるべきだ」と述べ、選挙結果にかかわらず、米追加経済対策の合意が選挙後間もなく成立するとの見方を示した。同氏は「新型コロナウイルス感染症(COVID19)に加え、米政策の不確実さもボラティリティーの主な要因だ」と指摘。選挙結果は「相当な明確さをもたらすだろう」と続けた。

Euro-area stock volatility rose to 4-month high on lockdown worry ahead of election

  欧州債はイタリア債が上げ幅を縮小、ドイツ債が下げを削る展開だった。

  イタリア債とドイツ債のイールドスプレッドは4ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)縮小して135bp。ドイツ債は下落。英国債の利回り曲線はベアスティープ化した。安全逃避の買いが巻き戻された。

  ドイツ10年債利回りは2bp上昇してマイナス0.62%。フランス10年債利回りは1bp上昇してマイナス0.34%。イタリア10年債利回りは2bp低下して0.73%。

原題:Italian Bonds Rise, Bunds Fall: End-of-Day Curves, Spreads、Europe Stocks Rise the Most Since June Ahead of U.S. Vote Result(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE