コンテンツにスキップする

【新型コロナ】フロリダやオハイオで入院増加、欧州は制限強化

更新日時
  • オランダ、部分的ロックダウン延長と新たな制限措置導入を計画
  • JPモルガンとシティ、イングランド在勤従業員の大半を在宅勤務に
Pedestrians in protective face masks pass a BNP Paribas SA bank branch in Paris, France, on Tuesday, Nov. 3, 2020. 

Pedestrians in protective face masks pass a BNP Paribas SA bank branch in Paris, France, on Tuesday, Nov. 3, 2020. 

Photographer: Benjamin Girette /Bloomberg
Pedestrians in protective face masks pass a BNP Paribas SA bank branch in Paris, France, on Tuesday, Nov. 3, 2020. 
Photographer: Benjamin Girette /Bloomberg

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら。

米大統領選挙の鍵を握るフロリダ州やミシガン州、オハイオ州で新型コロナウイルス感染症(COVID19)による入院患者が急増している。米国の感染拡大ペースはモルガン・スタンレーの弱気シナリオを上回っている。

  欧州では感染拡大に歯止めがかからず、ルーマニア、ブルガリア、ハンガリーの東欧諸国で3日、新型コロナ感染症による1日の死者数が過去最多に上った。イタリアとスウェーデン、オランダは新たな制限措置を準備しており、フランスでは1日の死者数が4月以来の多さとなった。

  米銀JPモルガン・チェースとシティグループは、英国のイングランドで働く従業員の大半を在宅勤務とする。イングランドとウェールズのCOVID19による死者数は1週間で46%増加した。

JPモルガンとシティ、ロンドン従業員の大半を在宅勤務に

  米国に次いで感染者数の多いインドでは累計が831万人に達した。

  米ジョンズ・ホプキンス大学のデータによると、世界の感染者数は4720万人を上回り、死者は121万人を突破した。

  モルガン・スタンレーのアナリストは、米国の感染拡大ペースが同行の弱気シナリオを上回るばかりか約2週間先行しており、欧州に続き米国がロックダウン(都市封鎖)に入る可能性がないかどうか投資家は思案していると指摘した。

  オランダのルッテ首相は部分的ロックダウンを12月半ばまで延長するほか、さらなる制限措置を導入する計画を発表した。同国ではCOVID19による入院患者数が増加し続けている。

  米ニュージャージー州の新型コロナによる入院患者数は増加の一途をたどっており、2日時点で1133人と6月末以来最多となった。1カ月前に比べ2倍強となっている。新規感染者も1832人と、10月2日の957人から約2倍になった。

  米ニューヨーク市では新規感染者数の7日間平均が増加し続けており、1日は605人となった。デブラシオ市長は感染状況を注視していると述べた。

  デンマークのフレデリクセン首相は3日、議会への出席と記者会見を中止。ヘケロップ法相が「明らかな」感染症状を示しているとし、同相の検査結果を待っているところだと説明した。

(更新前の記事で下から2段落目を「1日」に訂正済みです)

原題:N.J. Hospital Use Doubles in Month; Dutch Curbs: Virus Update(抜粋)

(インドの情報などを追加し更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE