コンテンツにスキップする

アントの上海・香港上場延期、中国当局がジャック・マー氏を指導

更新日時
  • 馬雲氏が「規制監督を巡る面談」に呼び出されたためだと上海証取
  • アントのIPOは半年程度ずれ込む見込み-QQドットコム

中国のフィンテック企業アント・グループによる上海と香港での上場が延期された。アリババグループ傘下のアントは350億ドル(約3兆6600億円)規模の新規株式公開(IPO)計画を進めていた。

  上海証券取引所は3日の声明で、アリババ創業者の馬雲(ジャック・マー)氏が関係当局による「規制監督を巡る面談」に呼び出されたことを挙げ、アントの新規上場を一時停止すると発表した。

What If the World's Richest Paid for Government Spending?

馬雲氏

  声明はまた、規制を巡る環境に「大きな変化」があったとし、「こうした重大な問題により、アントは上場や情報開示に関する要件をもはや満たさなくなる可能性がある」と説明している。

  上海証取の発表後間もなく、アントは当局への届け出で香港上場も一時停止されることを明らかにした。上海、香港両市場での上場はいずれも5日を予定していた。両市場でのIPOは実現すれば史上最大規模となるはずだった。

  アントは投資家宛てのメッセージで謝罪を表明。上海、香港両証取の「規則に従い、今後の手続きを適切に処理していく」とコメントした。

  ニュースサイトのQQドットコムは匿名の関係者1人を引用し、アントのIPOは半年程度ずれ込む見込みで、同社は応募した投資家に資金を返還する方針だと伝えた。

Ant Rules

Chinese fintech sets IPO record

Source: Bloomberg

Note: Based on Ant's estimated IPO

  中国人民銀行(中央銀行)など4つの金融監督当局は2日に開いた異例の合同会議に馬氏を呼び出していた。事情に詳しい複数の関係者によれば、当局はアントに対する監視強化や同社が資本やレバレッジに関して銀行と同様の規制を受けることになると伝えた

中国4当局、馬雲氏とアント・グループ経営首脳を指導

  馬氏は中国内外の規制当局がイノベーションを阻害し、発展や若者の機会を十分に大切にしていないとの批判を展開していた。先月下旬の上海での会議では、銀行の資本要件を定めたバーゼル合意を高齢者クラブになぞらえた。これを受け、中国国営メディアはこのところ、アントに対して厳しい目を向けていた。

アント・グループによる上海と香港での上場が延期された

Source: Bloomberg)

  中国外務省の汪文斌報道官は北京で4日に開いた定例記者会見で、アントの上場停止決定は資本市場の安定性と投資家の権利・利益をより良く守るためのものだと述べた。

原題:China: Ant Halt to Safeguard Capital Market Stability (Correct)、China Halts Ant Group’s IPO, Throwing Ma Empire Into Turmoil (1)China Stops Jack Ma’s $35 Billion Ant IPO From Going Ahead (1)(抜粋)

(最終段落に中国外務省報道官の発言を追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE