コンテンツにスキップする

ウィーンでテロ事件、3人死亡-銃撃犯はイスラム国支持者と内務相

オーストリアの首都ウィーンで2日午後に6カ所で銃撃があり、3人が死亡、15人が負傷した。同国のネハマー内務相は3日の記者会見でテロ事件を主導した銃撃犯がイスラム国を支持していたと述べた。

  銃撃犯は警察当局に射殺されたが、同相はテロが単独犯かどうか現時点で明確でないとしている。捜査が継続中だとして銃撃犯の年齢や出身は公表していない。

  同国内務省スポークスマンはウィーンの市民に対し、市の中心部を避け、必要不可欠な場合を除き自宅にとどまるよう促した。

原題:
Vienna Attack Perpetrator Supported Islamic State, Austria Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE