コンテンツにスキップする

豪中銀、0.15ポイント利下げ-1000億豪ドルの債券購入発表

更新日時
  • エコノミスト予想と一致、3年債利回り目標も0.10%に下げ
  • 債券購入と金利低下が景気回復を助けるだろうとロウ総裁

オーストラリア準備銀行(中央銀行、RBA)は3日、政策金利のオフィシャル・キャッシュレートの誘導目標を引き下げる決定を下すとともに、新たな債券購入プログラムを発表した。新型コロナウイルスに対応したロックダウン(都市封鎖)を解除した同国は急速な景気回復を目指している。

  豪中銀は同誘導目標と豪3年債の利回り目標に加え、銀行に資金を供給するファシリティーの金利も0.15ポイント引き下げ0.10%とした。これは大多数のエコノミスト予想と一致した。また、向こう6カ月間に期間5-10年前後の政府債券1000億豪ドル(約7兆3800億円)相当を購入すると表明した。

  ロウ豪中銀総裁はこの日の政策決定会合後の声明で、「RBAによる債券購入とイールドカーブ全体にわたる金利低下の組み合わせで借り手の調達コストは減少し、為替レートの下げに寄与し、資産価格とバランスシートを支えると見込まれ、これが景気回復を助けるだろう」と説明した。

  中銀発表後、豪国債利回りは低下、イールドカーブは平坦化した。3年債利回りは0.11%から0.10%に下がり、10年債利回りは0.80%から一時0.74%となった。豪ドルはシドニー時間午後2時58分(日本時間同0時58分)現在、1豪ドル=0.7045米ドル。発表前は0.7050米ドルだった。

  ロウ総裁は利下げ決定発表後のスピーチで、「債券購入の規模を拡大する可能性は確実にある」として、豪中銀が「引き続き経済状況と債券購入の市場への影響を注視する。一段の行動が必要なら、われわれはそれが可能であり、そうするだろう」と語った。

原題:RBA Cuts Rates, Announces A$100 Billion Bond-Buying Program (1)、RBA’s Lowe Sees Rate Cuts, New QE Program Lowering Currency(抜粋)

(中銀総裁のスピーチを追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE