コンテンツにスキップする
Photographer: Ricardo Arduengo/AFP via Getty Images
cojp

バイデン氏がフロリダ、オハイオ両州で優勢-キニピアック大世論調査

  • フロリダ州の支持率で5ポイント、オハイオ州で4ポイント上回る
  • 全米支持率はバイデン氏50%、トランプ氏39%
Joe Biden speaks during a drive-in campaign rally in Tampa on Oct. 29.
Photographer: Ricardo Arduengo/AFP via Getty Images

米民主党大統領候補のバイデン前副大統領はトランプ大統領に対して、フロリダ州での支持率で5ポイント、オハイオ州で4ポイントの優勢となっている。キニピアック大学が2日、10月28日から11月1日に実施した世論調査の結果を発表した。

  同調査によると、フロリダ州でバイデン氏の支持率は47%、トランプ氏は42%。対象は米大統領選で投票する可能性が高い有権者1657人で、誤差はプラスマイナス2.4ポイント。10月23-27日に実施した調査ではバイデン氏が45%、トランプ氏が42%だった。

  オハイオ州ではバイデン氏の支持率が47%、トランプ氏が43%。対象は1440人で誤差はプラスマイナス2.6ポイント。前回調査ではバイデン氏が48%、トランプ氏が43%だった。

  全米の支持率はバイデン氏が50%と、トランプ氏の39%を上回った。対象は1516人で、誤差はプラスマイナス2.5ポイント。

原題:
Biden Leads Trump in Florida and Ohio, Quinnipiac Polls Show(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE