コンテンツにスキップする

ホンダ、テスラと排出枠融通へ-欧州の環境規制強化に対応

  • FCAとテスラの枠組みにホンダが参加、支払う金額は不明
  • 「CR-V」などのハイブリッド投入後に規制に対応する追加的措置

ホンダは欧州が今年から進める乗用車の排出規制強化に対応するため、二酸化炭素(CO2)の排出枠を米テスラと融通する枠組みに加わった。同枠組みはフィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)とテスラで構成されていた。

  先週、欧州連合(EU)の行政執行機関、欧州委員会に提出された文書でホンダの枠組み参加が明らかになった。FCAの広報担当は、ホンダが加わったことで2019年にテスラと結んだ3年契約の条件が変更することはないと述べた。

  同枠組みへの参加でホンダが支払う金額は不明。ホンダの広報担当は同枠組み参加について、「CR-V」「ジャズ」のハイブリッドモデルの投入後に排出規制に対応するための追加的措置だと説明した。

原題:
Honda Joins Fiat in Paying Tesla for Europe C02 Compliance (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE