コンテンツにスキップする

菅首相が1月訪米を検討、大統領選確定の遅れを念頭-報道

菅義偉首相は米大統領選の当選者と会談するため、来年1月にも訪米する検討を始めた、と3日付の毎日新聞が報じた。

  • 新型コロナウイルス感染拡大の影響で郵便投票が幅広く導入されたことで米大統領選の結果確定の遅れが予想される
  • そのため共和党のトランプ大統領、民主党のバイデン前副大統領のどちらが当選しても早期の訪問は難しいとみられる
  • 両政府は大統領選後に具体的な日程調整に入る方針
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE