コンテンツにスキップする

【欧州市況】株は5週ぶりの大幅高、ドイツ債とイタリア債が小幅高

欧州株は5週間ぶりの大幅高。米大統領選挙を間近に控え、投資家は先月の大幅安を見極めた。

  ストックス欧州600指数は1.6%高。セクター別では旅行・レジャー関連銘柄だけが下落した。英国のFTSE100指数は1.4%高。ジョンソン英首相が発表したイングランドの部分的ロックダウン(都市封鎖)を材料にポンドが下げ、株を押し上げた。

  ニック・ネルソン氏らUBSグループのストラテジストは「今週の株式相場を動かす重要な材料は明らかに米選挙だろう」と指摘。ストックス600指数は「通常の強気相場の調整だが2倍の速度で」同社の年末目標値である340付近になったとし、「欧州株式市場は米大統領選の民主党候補であるバイデン前副大統領の支持率改善に最も影響を受けている地域の一つだ」との見解を示した。

Stocks are rising ahead of U.S. election after slumping in October

  欧州債はドイツ債、イタリア債が小幅高。ユーロ圏内では複数の地域で新型コロナウイルス感染予防策が講じられている。英国債は上昇。イングランド銀行(英中央銀行)がイングランドのロックダウンを受けて、緩和策を今週発表するとの見方が背景にある。

  イタリア債とドイツ債のイールドスプレッドは138bpで変わらず。

  英国債は幅広い年限で上昇。短期金融市場の動向によれば、市場参加者は英中銀による次回10bpの利下げ時期を来年6月と織り込んでいる。

  ドイツ10年債利回りは1bp下げてマイナス0.63%。フランス10年債利回りは1bp低下のマイナス0.35%、イタリア10年債利回りは1bp下げて0.75%。

原題:Bunds, Italian Bonds Rise, Gilts Outperform: End-of-Day Curves、European Stocks Rally Most in Five Weeks After October Rout(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE