コンテンツにスキップする

中国、あらためて米国に警告-報道関係者のビザ問題巡り

  • 米国が中国人報道関係者に認めた査証、短期で失効-中国は抗議
  • 米国の迫害や抑圧続くなら「断固とした対抗措置」と外務省報道官

米国で働く中国人ジャーナリストへの査証(ビザ)を巡り、中国があらためて米国に警告した。トランプ米政権が中国人報道関係者らに認めた新たな査証は数日内に失効するものだった。

  中国外務省の汪文斌報道官は2日、北京での定例会見で、米国にいる中国人ジャーナリストの一部は米政府から先週、手続きが大幅に遅れていた査証申請が認められたと連絡があったものの、滞在が許可された期間は8月4日から11月4日までだったと明らかにした。つまり、直ちに延長を申請しなければならない。

  汪報道官は、「米国はまた正当な理由もなく、中国人ジャーナリストらに査証が承認されるまでの間は取材活動に関与しないよう求めてきた」と述べ、「中国人ジャーナリストの仕事や生活が大変不透明な状況に置かれている」と訴えた。

  査証の申請後、まだ回答を受け取っていない中国人ジャーナリストもいると汪報道官は指摘。米政府が「中国人ジャーナリストに対する政治的な迫害や抑圧」を続ける場合、「断固とした対抗措置」を講じると外交ルートを通じて米国側には懸念と要求を明確に伝えていると語った。

  北京にある米大使館の報道官は、査証更新の承認についてすぐには確認できないとし、米国での中国人ジャーナリストへの影響にはコメントしなかった。

原題:China Issues Fresh Warning to U.S. in Spat Over Journalist Visas(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE