コンテンツにスキップする

航空業界に新たな打撃、コロナ禍で英が仕事以外の渡航禁止

  • イージージェットの影響受ける英発着便の大部分は欠航となる公算大
  • 部分的ロックダウンに伴う措置で5日から12月2日まで適用される

英国では新型コロナウイルス感染再拡大の抑制に向け、仕事以外の渡航が禁止される。これは航空業界にとって新たな危機を意味する。

  新たな規制はジョンソン首相が10月31日夜に発表した部分的ロックダウンに伴う措置で、11月5日から12月2日まで適用される。事情に詳しい複数の関係者が匿名で語ったところでは、旅客需要の急減を乗り切るため既に苦境に立たされている航空各社は、発表まで今回の制限について知らされていなかった。

  欧州2位の格安航空会社イージージェットは、5日になるまで予定のフライトを運航するが、「影響を受ける英発着便の大部分はロックダウン期間中に欠航となり、12月初めに運航を再開する可能性が高い」と発表資料で説明。ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)も新たな情報を検証しており、運航予定変更の最新情報を顧客に伝えるとしている。

  10月31日遅くに発表された行動制限によると、「国内外の休暇を含めて主な居住地から離れた宿泊や休暇」は、今後認められない。生活に必要不可欠でない店舗、レストランやバー、ジムも休業になるが、学校と大学は対象から外される。

英首相、イングランドの部分的ロックダウン発表-コロナ感染急拡大

原題:
Airlines Suffer Blow as England Bans Overseas Leisure Travel (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE