コンテンツにスキップする

アップル時価総額、9月のピーク時から4500億ドル減少-iPhone不調で

  • 9月のピーク時から10月30日までに株価が19%下落
  • アップルの減少幅はビザの時価総額を上回る
People walk past an Apple store in Beijing on October 19, 2020. (Photo by GREG BAKER / AFP) (Photo by GREG BAKER/AFP via Getty Images)
People walk past an Apple store in Beijing on October 19, 2020. (Photo by GREG BAKER / AFP) (Photo by GREG BAKER/AFP via Getty Images) Photographer: GREG BAKER/AFP
People walk past an Apple store in Beijing on October 19, 2020. (Photo by GREG BAKER / AFP) (Photo by GREG BAKER/AFP via Getty Images)
Photographer: GREG BAKER/AFP

時価総額世界一の企業を話題にする際、そこにある数字が目を見張るほど大きいことは珍しくないが、米アップルの現在の時価総額は投資家が望む数字とは懸け離れている。

  アップルの時価総額は8月に米企業として初めて2兆ドル(約209兆円)を超え、9月にピークに達したが、その後は約19%の株価下落によって4500億ドル減少した。5.6%安となった10月30日だけで1200億ドルが吹き飛んだ。

  同日時点の時価総額は1兆8500億ドルと、依然として米企業で最大。しかしピークからの減少幅は、S&P500種株価指数の構成銘柄で時価総額7位のビザを上回る大きさだ。

Apple has slumped almost 19% since its highs in September

  株価の下げ材料となったのは、アップルが先月29日に発表した7-9月(第4四半期)決算で「iPhone(アイフォーン)」販売が市場予想を下回ったほか、同社が10-12月(第1四半期)の見通しを示さなかったことだった。7-9月期のアイフォーン売上高は264億ドル。市場予想は271億ドルだった。

原題:
Apple Loses $450 Billion in Value Since Record on IPhone Woes(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE