コンテンツにスキップする

ウエストパック銀、20年9月通期は62%減益-制裁金などの費用響く

  • 利益26.1億豪ドル-12億豪ドルの費用計上、引当金も増額
  • 1株当たり0.31豪ドルの期末配当を発表、上期は無配

オーストラリアのウエストパック銀行の2020年9月通期(19年10月-20年9月)決算は62%の減益となった。マネーロンダリング(資金洗浄)防止法違反で過去最大の制裁金を科されたほか、新型コロナウイルス感染拡大によるリセッション(景気後退)で貸倒引当金が膨らんだ。

  2日の発表資料によれば、通期の一部項目を除く利益は26億1000万豪ドル(約1900億円)。同行は先に公表した通り、マネーロンダリングを巡る制裁金と長年の不正に対する顧客への補償支払いで12億豪ドルの費用を計上。またリセッションに伴う消費者と企業への打撃を踏まえ、貸倒引当金を32億豪ドル積み増した。

  期末配当は1株当たり0.31豪ドル。上期(19年10月-20年3月)は資本を維持するため配当支払いを見送っていた。

原題:Westpac Profit Plunges on Bad-Debts, Laundering Fine (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE