コンテンツにスキップする

バイオジェン株価、アルツハイマー薬FDA諮問委会合が大きく左右か

  • 「2つの相反する結果」につながり得る大イベント-スティーフル
  • 結果次第で178ドルまで下落、または335ドルまで上昇か-アナリスト

エーザイと共同開発するアルツハイマー病治療薬アデュカヌマブの米当局承認を見込む米バイオジェンの大きな賭けは、臨床試験結果を考察するために6日に開かれる米食品医薬品局(FDA)諮問委員会の会合がヤマ場となる。

  同会合はヘルスケア分野の投資家にとって今年のハイライトであり、バイオジェンにとっては「2つの相反する結果につながり得る大イベント」だと、スティーフルのアナリスト、ポール・マタイス氏は指摘する。会合の2日前に公表されるFDAスタッフの説明資料は「委員が最終的にどう投票するかを決定づける要素として通常よりも重みが大きくなる」可能性が高いという。

  アナリストの間では、アデュカヌマブに関するバイオジェンのデータに諮問委が否定的な見方を示した場合、先週末終値で252.07ドルの株価は178ドルまで下落するとの見方がある。一方、諮問委が楽観的な見解を示し、FDAに同薬の承認を勧告すれば、株価は335ドルまで急伸する可能性があるという。

Biogen faces turbulence as FDA advisory panel approaches

  主力の多発性硬化症治療薬のジェネリック(後発薬)が発売され、脊髄性筋萎縮症(SMA)治療薬「スピンラザ」も新たな競争に直面することから、バイオジェンの成長はアデュカヌマブに「大きくかかっている」とカウエンのフィル・ナドゥ氏は分析する。同薬承認はバイオジェンの向こう数年間の売上高動向を左右するため、諮問委会合の結果次第で株価は直ちにいずれの方向にも30%動き得ると予想している。

  アデュカヌマブ承認の可能性をめぐるアナリストの見解は割れている。RBCキャピタル・マーケッツは模擬諮問委会合で否定的な投票結果になったと説明し、投資家を動揺させた。一方、JPモルガンが58人の投資家を対象に実施した調査では、約3分の2がFDA承認を予想している。

  FDAは承認の可否について来年3月7日までに判断を下す見込みだが、バイオジェンはそれより早い時期になる可能性があると指摘している。

関連記事

バイオテク投資家に警鐘、FDAが2つの医薬品で想定外の承認拒否

エーザイ株が大幅高、認知症治療薬アデュカヌマブの米申請完了

バイオジェン株急落、アルツハイマー病治療薬の米承認申請に遅れ

It's been a bumpy ride for Biogen investors over its Alzheimer's drug

原題:
Biogen Alzheimer’s Drug Faces FDA Panel With Billions at Stake(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE