コンテンツにスキップする

米フォートレス、ラスベガス鉄道建設プロジェクトを延期

  • 建設資金調達のための記録的な額の起債計画に失敗
  • 市場の流動性回復までプロジェクト延期-カリフォルニア州財務官

投資会社フォートレス・インベストメント・グループはカリフォルニア州南部とネバダ州ラスベガスを結ぶ鉄道建設プロジェクトを延期する。建設資金調達のための記録的な額の無格付け債発行計画が失敗に終わったためだ。景気低迷の中で投資家の意欲が抑制されていることを示した。

  フォートレスは9月末以降、傘下のブライトライン・ホールディングスを通じ、地方債の一種である民間活動債(PAB)32億ドル(約3350億円)相当の売り込みを図っていた。その後、起債額を24億ドルに縮小するなど、投資家を呼び込むための措置を講じていた。

  カリフォルニア州のフィオナ・マ財務官は10月31日の電子メールで、「残念なことに現時点では市場の流動性は乏しく、経済の不確実性が多い」と指摘。「市場の流動性が回復するまでプロジェクトは延期される」とコメントした。

  ブライトラインの広報担当ベン・ポリット氏は同日の電子メールで延期を確認した上で、「われわれはこのプロジェクトを引き続き前進させる」と説明した。

  フォートレスはカリフォルニア、ネバダ両州にPAB発行を認められていた。

米フォートレス、地方債発行を8億ドル減額へ-鉄道建設プロジェクト

原題:Fortress Fails to Sell Record Bond Deal for Las Vegas Rail (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE