コンテンツにスキップする

ゴーン被告逃亡ほう助の容疑者、日本当局が数日内に引き渡しで訪米も

  • 検察はボストン連邦地裁判事に引き渡し差し止めの解除求める
  • 米国務省は28日遅くに日本への引き渡し承認を容疑者側に通知

日産自動車の元会長、カルロス・ゴーン被告の日本脱出をほう助したとされる容疑者親子2人を巡り、日本の当局が身柄の引き渡しで「今後数日」に米国を訪れる手続きを進めている。裁判所の記録で明らかになった。

  連邦検察は30日、ボストン連邦地裁のインディラ・タルワニ判事に対し、日本当局の到着時に元米陸軍特殊部隊(グリーンベレー)隊員のマイケル・テイラー容疑者と息子のピーター・テイラー容疑者を引き渡せるよう差し止め解除を求めた。

  米国務省は28日遅く、日本側の引き渡し要請を承認したことを両容疑者側に通知。2人は29日午後1時の便でボストンから日本に移送される見通しだと日本のメディアで知った弁護人による申し立てを受け、タルワニ判事は引き渡しの差し止めを認めていた

原題:
Ghosn Accomplices Set for Japan Pickup ‘in Days,’ U.S. Says (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE