コンテンツにスキップする

シュタインホフのヨースト元CEOに罰金10億円超-インサイダー取引

家具店などを展開する南アフリカ共和国のシュタインホフ・インターナショナル・ホールディングスで最高経営責任者(CEO)を務めたマーカス・ヨースト氏に対し、同国の規制当局は1億6200万ランド(約10億4300万円)超の罰金を科した。3年前に経営破綻寸前にあることが公表される直前、同氏がインサイダー取引を行ったと判断した。

  南アの金融業界行為監督機構(FSCA)が30日発表したところによれば、シュタインホフが2017年12月に会計問題を明らかにする数日前にヨースト氏は4人にテキストメッセージを送り、同社の株式を売却するよう助言した。このうち3人はヨースト氏の助言に従い、すでに罰金を科されている。

関連記事:南ア・シュタインホフの元CEO、株価暴落前に友人らに売却を助言(2018年10月配信)

原題:Steinhoff Ex-CEO Jooste Fined $9.9 Million for Insider Deals (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE