コンテンツにスキップする

ラガルドECB総裁が追加緩和示唆との解釈は正しい-ホルツマン氏

欧州中央銀行(ECB)の政策委員会メンバー、オーストリア中銀のホルツマン総裁はブルームバーグテレビジョンとのインタビューで、ラガルドECB総裁が12月に追加緩和があると示唆したのかとの問いに答え、「幾つかの注釈は付くが、それが正しい解釈だと思う」と述べた。

  ラガルド総裁は決定に際して「12月の予想を使うとも述べた」とホルツマン氏は指摘。「われわれが決定したのは準備をすることだ」とし、「12月に備えるため再調整する必要がある領域を確認する。決定は12月のデータに大きく左右される」と語った。

  ホルツマン氏はまた「われわれには複数の手段がある。パンデミック緊急購入プログラム(PEPP)があり、条件付き長期リファイナンスオペ(TLTRO)があり、これらは機能している。恐らくだが、今から12月までの間にわれわれが考える新たな手段が加わる可能性もある」と話した。

原題:ECB’s Holzmann: Right to Assume Lagarde Signaled More Stimulus、ECB’s Holzmann Says Right to Assume Lagarde Signaled Stimulus(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE