コンテンツにスキップする

エールフランスKLM、運航能力を大幅削減-欧州でコロナ感染再拡大

欧州での新型コロナウイルス感染再拡大で各国政府が新たに厳しい対策を打ち出しており、エールフランスKLMは10-12月(第4四半期)の運航を大幅に減らすと30日発表した。

  エールフランス部門は運航能力を1年前の水準の35%未満に抑え、KLM部門は45%程度に引き下げる。従来はエールフランスKLM全体で65%の水準と予想されていた。

  7-9月(第3四半期)のEBITDA(利払い・税金・減価償却・償却控除前利益)の損益は4億4200万ユーロ(約539億円)の赤字となった。10-12月はこれより相当悪化すると想定している。

原題:Air France-KLM Slashes Year-End Capacity on Pandemic Surge (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE