コンテンツにスキップする

中国フィンテックの陸金所、米国で2500億円規模のIPO実施-関係者

  • 1ADS当たり13.50ドルで1億7500万ADSを発行-仮条件の上限
  • NY証取で30日に取引開始の予定-銘柄コード「LU」

中国のフィンテック、上海陸家嘴国際金融資産交易市場(陸金所)が米国で24億ドル(約2500億円)規模の新規株式公開(IPO)を実施した。事情に詳しい関係者が明らかにした。米国株は28日に6月以来の大幅下落となったが、IPO価格は仮条件の上限に設定された。

  陸金所は米国預託株式(ADS)を1ADS当たり13.50ドルで1億7500万ADSを発行し、中国企業による米国での今年最大級のIPOとなった。非公開情報だとして関係者が匿名を条件に述べた。同社にコメントを求めたが、担当者と接触できなかった。

中国の陸金所、米国で2500億円規模のIPO目指す-30日NY上場予定

  陸金所の株式売買はニューヨーク証券取引所で銘柄コード「LU」で30日に始まる予定。ゴールドマン・サックス・グループとバンク・オブ・アメリカ、UBSグループ、 HSBCホールディングス、平安証券がIPOの主幹事を務めた。

原題:China Fintech Firm Lufax Said to Raise $2.4 Billion in U.S. IPO(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE