コンテンツにスキップする

トルコ、緊急利上げの観測高まる-2018年リラ危機の再現を懸念

  • リラは10月に対ドルで7%余り下落、18年8月以来の大幅な下げへ
  • コメルツ銀行のゴース氏などが緊急利上げを予想

トルコの通貨リラは、このままいけば月間ベースで2018年8月以来最悪のパフォーマンスとなる。リラ安に歯止めをかけるため中央銀行が再び大幅な利上げに踏み切るとの観測が高まっている。

  リラは今月これまでに対ドルで7%余り下落。2年前のリラ急落時には、中銀が計625ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)の利上げを余儀なくされた。

  当時と同じように、地政学的リスクの高まりに加え、金融政策が緩和的過ぎる状態が続いていることへの懸念がリラ安を招いている。通貨安に歯止めがかからない場合、中銀は来月19日に予定されている次回会合前に対応を迫られる可能性があると、投資家は見ている。

Turkey's lira has weakened to a record low every day this week

  中銀はリラ急落を受け、18年5月の緊急会合で300bpの利上げを実施。14年1月の臨時会合では政策金利を2倍余り引き上げた。

  コメルツ銀行のシニアエコノミスト、ターシャ・ゴース氏(ロンドン在勤)は、「今後数週間内に1ドル=9.00リラなどの水準へのオーバーシュートが起こり得ない理由はない」と指摘。この勢いを止め得る政策対応は大幅な緊急利上げだけだろうと述べた。

トルコ中銀、インフレ見通しを3ポイント引き上げ-通貨リラ下げ拡大

原題:Flashback to 2018 Lira Crisis Fuels Calls for Emergency Hike (3)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE