コンテンツにスキップする

エクソンモービル、全世界で1万4000人削減へ-新型コロナで需要急減

米石油会社エクソンモービルは全世界の人員の15%、約1万4000人を向こう2年で削減する。同社は業績悪化で配当の維持が難しくなっている。

  人員削減は、テキサス州ヒューストンを中心とした米国内の1900人などが対象。このほか請負労働者の削減や、欧州とオーストラリアで既に発表されているレイオフも含まれる。エクソンはダレン・ウッズ最高経営責任者(CEO)の下でコスト低減を進めており、今回の人員削減もその一環。

  同社は29日の発表資料で「長期的なコスト競争力を高め、前例のない現在の市場環境を確実に切り抜けるための措置だ」と説明した。

  発表を受け、ニューヨーク市場でエクソンの株価は一時、4%超上昇した。

  大手石油会社の間では、新型コロナウイルス感染拡大に伴うエネルギー需要の急減に対応し、大規模な人員削減の動きが広がっている。BPは1万人、ロイヤル・ダッチ・シェルは最大9000人を削減する計画で、シェブロンは約6000人を減らす方針を明らかにしている。

Global oil drilling is at record-low levels

原題:Exxon to Cut 14,000 From Global Workforce After Energy Slump (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE